借金 死にたい

「死にたい」と思った体験談を集めました。その理由は・・・

私の場合は借金が原因でしたが、死にたいと思う気持ちは、何も借金だけから生まれる気持ちではありません。
ありとあらゆる場面や思いから「死にたい」という気持ちは生まれます。

 

そんな「死にたい」という気持ちが生まれた瞬間の体験談を集めてみました。

 

「死にたい」という気持ちは、「生きたい」の裏返しなんだそうです。

 

自分の思うように生きたい。
だけど、思うように生きられない。
こんな悩みを誰もわかってくれない・・・死にたい。

 

こんな風にして、「生きたい」という気持ちをきっかけにして「死にたい」という気持ちは生まれます。皮肉なものです。

 

こうして生まれた「死にたい」と思う気持ちは、実は死ぬことでは昇華されません。

 

直面しているトラブルを解決したり、誰かに気持ちを理解してもらったりした時に始めて昇華できる気持ちです。

 

私の場合、夫が「離婚する気はない」と言った時、ようやく死にたい気持ちがなくなりました。

 

死にたい体験談を読んで心強さを感じてもらえるように

夫が私の苦しみを理解して受け入れてくれたことがとても嬉しくて、「生きてていいんだ」と思えたんです。

 

「闇金問題が解決に近付いた」ことよりも、夫に理解されて受け入れられたことの方がずっと大きな喜びでした。
私のように、「死にたい」気持ちを理解してほしいという人はとても多いと思います。

 

知人や家族に理解されるならばもちろんそれが1番ではありますが、ネットの世界で同じ境遇の人に出会えただけで「私だけじゃない!」なんて思えて、少し心強い気持ちになりますよね。

 

私と同じように「死にたい」と思っている人が、同じ「死にたい」気持ちを抱えている人の文章と出会うだけで、未来が全く変わると思うんです。

 

死にたいと思っても死なないでほしい、同じように苦しむ人がいることに心強さを感じて欲しい。

 

そんな気持ちから体験談を募集してみました。
あなたの気持ちにフィットする体験談があれば、とても嬉しく思います。

 

死にたいと思った体験談記事一覧

【岐阜県・Fさんの死にたいと思った体験談】私は身体が弱く、またパニック障害になり外出がしにくくなってしまいました。これは、25年程前からのことなので、結婚後のことです。その為、子供達を毎年旅行に連れて行くことも出来ませんでしたし、時々夕方から急に具合が悪くなり、出前を取ったりとりあえずの最低限のお夕飯になってしまったりと、可哀想なことばかりしてきました。もちろん夫も、いざ出かけようとすると私の気分...

【愛知県・Dさんの死にたいと思った体験談】就職をし、精神的に病んで退職しました。退職後、いくらかの貯金で暮らしていたのですが、それも底を尽き生きているのがやっとな生活になりました。働きたくても体が動かずどうしたらいいのかわかりませんでした。精神状態もあまり回復してなく、考えるのを避けていた「死にたい」を意識しはじめました。自分が生きているだけでお金がかかるのです。家賃もそうですし、ガス水道代もそう...

【徳島県・Tさんの死にたいと思った体験談】2008年の5月だったと思います。私の職場に「親戚のおじさんから〜」と電話がありました。おじさんは母の兄ですが、母が高所から転落して入院したと聞きました。脊髄を折る重傷でした。元気になったとしても下半身麻痺は確実です。2日後に、何とか意識が戻り治療が始まりました。私の実家は専業農家で、父と母が2人で農業をしていました。私も結婚していましたが、同居はせずに近...

【石川県・Sさんの死にたいと思った体験談】私はやや胃腸が弱い方で、こってりしたものなど何日も食べ続けたりすると胃の調子を崩してしまいます。特に牛肉を食べ過ぎると胃がおかしくなることが多く、以前肉の食べ過ぎで夜中に苦しんだ経験が2度あります。一番最近の経験だと、たまたま鎮痛剤を服用しているときで、その薬を誤って空腹で飲んでしまったときに胃が荒れていました。その日の夕飯は、牛肉を使った料理で私は胃がお...

【埼玉県・Gさんの死にたいと思った体験談】私は大学卒業直後、新卒社員として地元のアパレル系企業に販売員として入社しました。大学では、グラフィック及びプロダクトデザインを学ぶとともに、ファッション系の研究室に所属し、ファッションショーなどの活動を行っていました。その流れで地元のアパレル系企業に入社してみたのですが、そこで初めて上司から言われた言葉が「お前は人間ではない、奴隷だ」というものでした。私は...

【長崎県・Dさんの死にたいと思った体験談】大勢の前で、人を助ける立場の人から嫌味をネチネチ言われて、周囲全体にばかにされたときは死にたいと思いました。その人は仏教での人助け組織の中心となる人物で、尊敬を集めている人です。大勢集まっているところで、急に私のことを暗に馬鹿にし始めて、そのことは周囲の人も気づいていました。大勢が笑いの渦の中に入っていくのと反対に、私は暗黒の渦の中に入り込んでいきました。...

【神奈川県・Hさんの死にたいと思った体験談】11年前の大学生時代の話ですが、あまり関わりを持っていなかったゼミの同級生から「すぐに100万円を貸してほしい。来週には親の遺産が入るからそれに100万円と5万円の利息をつけて返す」と電話がありました。私には大金だったのですが、その100万円は使うこともないし5万円も後で返ってくるのならと思ってその同級生に貸し出したのです。ちゃんと借用書も書いておけば良...

【福岡県・Oさんの死にたいと思った体験談】20才の時、ひとまわり以上年上の男性と付き合っていました。相手には妻子がおり、いわゆる不倫の関係です。とても優しく、大人なのでなにかにつけスマート、おしゃれなお店や高級なお店に、まるでファミレスやファストフードで食事する感覚でさらっと連れていってくれるので、ちょっとしたお姫様気分でした。私がバイトで遠方に行き、バイトが長引きデートに遅刻すると伝えると車で迎...

【岐阜県・Iさんの死にたいと思った体験談】10代の頃は死しか考えていませんでした。思春期真っ盛りで、周りは楽しい出来事だったり、恋の悩みだったりと様々な思い出がキラキラと蘇ることでしょう。私の場合、小学生で不登校になって以来、小・中・高と何一つ良い思い出がなく、暗黒の10代です。現在もコミュニケーション能力が同年齢以下で、人付き合いが苦手で社会不適合者です。「役立たずな人間は必要ない」「生まれてこ...

【愛知県・Mさんの死にたいと思った体験談】私は小学校に入学して、三年生までは特に問題なく過ごす事が出来ていました。しかし小学四年生になると、急に同級生からいじめられ始めたのです。私は勉強もできず運動もできず、グズでのろまだったので、それがいじめるには格好の材料だったようです。靴を隠されてしまったり、靴の中に画びょうを入れられたり、机に落書きをされたりと、毎日のように色々ないじめを受けました。親に相...