いじめ 死にたい

小学生のころから大人になった今までずっといじめられ続けて・・・死にたい。

【愛知県・Mさんの死にたいと思った体験談】
私は小学校に入学して、三年生までは特に問題なく過ごす事が出来ていました。

 

しかし小学四年生になると、急に同級生からいじめられ始めたのです。

 

私は勉強もできず運動もできず、グズでのろまだったので、それがいじめるには格好の材料だったようです。

 

靴を隠されてしまったり、靴の中に画びょうを入れられたり、机に落書きをされたりと、毎日のように色々ないじめを受けました。

 

親に相談しても、我慢しろとしか言ってくれず、どうしようもない状態にまで追い詰められてしまったのです。

 

そこで私は自殺を考えました。

 

家の近くに雑木林があり、そこで首を吊ろうと思いました。

 

木に登り、太い枝にロープを縛り付け、首にロープのわっかをくぐし、飛び降りようとしました。

 

しかしすんでの所になったら、急に死ぬことに対する恐怖心が一気に高まってしまい、どうしても飛び降りることができなかったのです。

 

何度も何度も飛び降りようとしましたが、その度に死への恐怖心が私が飛び降りるのを引き留め、結局自殺する事は出来ませんでした。

 

その後も私に対するいじめがやむ事は無く、手首を切ろうとしたり、電車に飛び込もうとしましたが、やはり死に切れませんでした。

 

今は職場で同僚たちにいじめられるようになり、私の人生にはどうしてもいじめが付きまとうようです。

 

こんな人生なら、子供の頃に自殺しておけばよかったと今は思っています。

 

人は安心感のためにいじめに走る

未だにいじめを受けているということで、本当に憤りを感じます。

 

いじめは絶対にするべきではありません。自分の意にそぐわない人であれば、関わらなければいいだけです。

 

いじめていればいじめられないで済む、自分よりも下の人間がいる安心感が人をいじめに走らせるのだと思います。

 

しかし、これらの問題は自分の中で解決すべき問題であって、人にぶつけるべきではありません。

 

Mさんには、本当に生きて欲しいと思います。いじめが早く解決し、平和に過ごせることをお祈りしています。

関連ページ

パニック障害で家族に迷惑をかけて・・・
パニック障害になってしまい、思う通りに生活できず・・・家族の役に立てず生きている価値を感じられなくなって「死にたい」そんな体験談です。
精神を病んで無職に。無職生活の中で生きる意味を見失った
仕事で精神を病み、無職生活でその傷を深め、追い詰められ、生きる意味を見失って「死にたい」そんな体験談です。
両親が事故で障がい者に・・・辛い生活を強いられて。
ある日突然、両親が2人とも障がい者になってしまったらどうしますか?実際にその体験をされた方のお話を伺いしました。
胃が気持ち悪くて死にたいと思った・・・
「死にたい」体験は生活の身近にあります。胃腸の具合が悪くなると、メンタルに影響を及ぼして「死にたい」と思う人も少なくないようです。
アパレル系会社での勤務で死にたい・・・奴隷として心を殺し続けた日々
努力して夢を叶えた!希望の職種に就けた!努力が報われたんだ!・・・そう思った就職先がブラック企業で地獄だった場合、絶望して死にたいと思ってしまうようです。
仏教関係者に晒し者にされ死にたくなった
仏教や宗教は人の心を助けるためのものです。そうした宗教を心に持つ人が人を蔑み晒し者にするなんてことがあっていいのでしょうか?
友達に多額の借金を踏み倒された事件
友達に「お金を貸して」と言われて、軽い気持ちで化してしまったことはありませんか?借金を踏み倒されて信頼を踏みにじられることはめずらしいことではありません。
不倫がばれて別れを告げられ「死にたい」と思った
不倫をしている人、要注意です。不倫がバレてしまった時、捨てられる相手はあなたかもしれません。その時、死にたいと思わずに生きていられますか?
おなかが鳴って死にたいと思える平和な今
10代の頃は死しか考えていなかった・・・けれど、少しずつ成長し、今では随分と考えなくなったというIさん。おなかが鳴った時に死にたいと思えるのは平和の証ですね。