胃腸 具合が悪い 死にたい

空腹で薬を飲んで胃が荒れて・・・死にたい。

【石川県・Sさんの死にたいと思った体験談】
私はやや胃腸が弱い方で、こってりしたものなど何日も食べ続けたりすると胃の調子を崩してしまいます。

 

特に牛肉を食べ過ぎると胃がおかしくなることが多く、以前肉の食べ過ぎで夜中に苦しんだ経験が2度あります。

 

一番最近の経験だと、たまたま鎮痛剤を服用しているときで、その薬を誤って空腹で飲んでしまったときに胃が荒れていました。

 

その日の夕飯は、牛肉を使った料理で私は胃がおかしいことに気づかず、牛肉を結構食べてしまいました。

 

その夜中に胃が気持ち悪くなり、起きて胃薬を飲みソファーで横になりながら苦しんでいました。

 

夜中の2時くらいから5時近くまでずっと気持ち悪さが続き、布団に戻れませんでした。

 

5時過ぎに少し症状が軽くなったのでやっと布団で少し休めました。

 

その日から数日はなんとなく気持ち悪さが続き、1カ月くらいはずっと胃薬を飲んでいました。

 

胃の気持ち悪い症状が長引いたのでとても心配になりました。

 

この経験をして、私は初めて死にたいと思ってしまいました。

 

呼吸するのも苦しく今までのことが色々後悔となって頭に浮かびました。

 

死んだ方が楽だろうと思えました。

 

生きるのってなんてつらいのだろうと感じたのはこれが初めてです。

 

なんとも言えない辛い経験をしました。

 

胃腸の調子はダイレクトに気持ちに影響を与える

体調が悪すぎて「死にたい」と思った経験、私にもあります。

 

きっと健康な人には想像もつかないのでしょうが、本当に体調が悪いと本当に死にたくなるんですよね。

 

私の場合、「死にたい」ではなく「死のう」と思いましたが、体調が悪すぎて動くことができずそのまま眠ってしまいました。

 

起きたら少しマシになっていたのでそのまま病院へ行き、事なきを得ました・・・。

 

Sさんの場合は胃が悪くなりやすいんですね。
胃腸の調子はダイレクトに気持ちに影響すると言われています。

 

ただなんとなく「死にたい」と感じている時は、胃腸を整えることを意識すると意外とスッキリするかもしれませんね。

関連ページ

パニック障害で家族に迷惑をかけて・・・
パニック障害になってしまい、思う通りに生活できず・・・家族の役に立てず生きている価値を感じられなくなって「死にたい」そんな体験談です。
精神を病んで無職に。無職生活の中で生きる意味を見失った
仕事で精神を病み、無職生活でその傷を深め、追い詰められ、生きる意味を見失って「死にたい」そんな体験談です。
両親が事故で障がい者に・・・辛い生活を強いられて。
ある日突然、両親が2人とも障がい者になってしまったらどうしますか?実際にその体験をされた方のお話を伺いしました。
アパレル系会社での勤務で死にたい・・・奴隷として心を殺し続けた日々
努力して夢を叶えた!希望の職種に就けた!努力が報われたんだ!・・・そう思った就職先がブラック企業で地獄だった場合、絶望して死にたいと思ってしまうようです。
仏教関係者に晒し者にされ死にたくなった
仏教や宗教は人の心を助けるためのものです。そうした宗教を心に持つ人が人を蔑み晒し者にするなんてことがあっていいのでしょうか?
友達に多額の借金を踏み倒された事件
友達に「お金を貸して」と言われて、軽い気持ちで化してしまったことはありませんか?借金を踏み倒されて信頼を踏みにじられることはめずらしいことではありません。
不倫がばれて別れを告げられ「死にたい」と思った
不倫をしている人、要注意です。不倫がバレてしまった時、捨てられる相手はあなたかもしれません。その時、死にたいと思わずに生きていられますか?
おなかが鳴って死にたいと思える平和な今
10代の頃は死しか考えていなかった・・・けれど、少しずつ成長し、今では随分と考えなくなったというIさん。おなかが鳴った時に死にたいと思えるのは平和の証ですね。
小学生の頃からいじめられ続け、大人になった今も・・・
良いことではありませんが、小学校や中学校といった学校でのいじめはよく聞く話です。しかし、大人になってもいじめをやめられない人はいるようです。