晒し者 死にたい

仏教の人助け組織の人たちに晒し者にされ、笑われて・・・死にたい。

【長崎県・Dさんの死にたいと思った体験談】
大勢の前で、人を助ける立場の人から嫌味をネチネチ言われて、周囲全体にばかにされたときは死にたいと思いました。

 

その人は仏教での人助け組織の中心となる人物で、尊敬を集めている人です。

 

大勢集まっているところで、急に私のことを暗に馬鹿にし始めて、そのことは周囲の人も気づいていました。

 

大勢が笑いの渦の中に入っていくのと反対に、私は暗黒の渦の中に入り込んでいきました。

 

その場はなんとかこらえていたのですが、耐えられなくなって逃げ出したくなりました。

 

まず問題としては自分に落ち度があるということがありました。

 

そして大勢の目の前で笑い者にしてウケを取ろうとする、中心的人物の存在がありました。

 

私は子供の頃から異質な存在で、思春期以降にはまったく社会に溶けこむことができなくなっていましたので、改めてハンマーで打ちのめされたような感じでした。

 

それと同調して周囲の人も私を蔑んで見下すような会話を堂々とし始めていて、所詮自分は石ころを投げつけるのに丁度よい的みたいなものなんだろうという思いで固まりました。

 

それで死ぬときにはどんな死に方をしようかとか、彼らの目の前で死んだら喜ぶに違いないなどと、マイナスなことばかり考えていました。

 

宗教に関係なく人に石ころをぶつけてはいけない

人の心を救うはずの宗教。

 

そんな宗教の中心となる人が人を貶めるなんて、本当に信じられない話です。

 

もちろん、宗教関係なく、人を笑って貶めるなんて絶対にしてはいけないことです。
小学生でもわかりますよね。

 

こういう状況に直面してしまうと、気弱になってしまいますね。

 

他人が言われているのを聞くと、怒りの気持ちが先に沸いてきますが、自分が言われるとなるとDさんと同じように考えてしまいます。

 

石ころを投げつけるのにちょうどいい人間なんていません。
誰にも石ころを投げつけてはいけないんです。

 

それを受け入れてしまってはいけません。
自分がDさんの立場になってしまった場合でも、心を強く持ってしっかりと反論できるような人間になりたいと思います。

 

Dさんにもそのような心を持っていただければ、私も嬉しいと思います。

関連ページ

パニック障害で家族に迷惑をかけて・・・
パニック障害になってしまい、思う通りに生活できず・・・家族の役に立てず生きている価値を感じられなくなって「死にたい」そんな体験談です。
精神を病んで無職に。無職生活の中で生きる意味を見失った
仕事で精神を病み、無職生活でその傷を深め、追い詰められ、生きる意味を見失って「死にたい」そんな体験談です。
両親が事故で障がい者に・・・辛い生活を強いられて。
ある日突然、両親が2人とも障がい者になってしまったらどうしますか?実際にその体験をされた方のお話を伺いしました。
胃が気持ち悪くて死にたいと思った・・・
「死にたい」体験は生活の身近にあります。胃腸の具合が悪くなると、メンタルに影響を及ぼして「死にたい」と思う人も少なくないようです。
アパレル系会社での勤務で死にたい・・・奴隷として心を殺し続けた日々
努力して夢を叶えた!希望の職種に就けた!努力が報われたんだ!・・・そう思った就職先がブラック企業で地獄だった場合、絶望して死にたいと思ってしまうようです。
友達に多額の借金を踏み倒された事件
友達に「お金を貸して」と言われて、軽い気持ちで化してしまったことはありませんか?借金を踏み倒されて信頼を踏みにじられることはめずらしいことではありません。
不倫がばれて別れを告げられ「死にたい」と思った
不倫をしている人、要注意です。不倫がバレてしまった時、捨てられる相手はあなたかもしれません。その時、死にたいと思わずに生きていられますか?
おなかが鳴って死にたいと思える平和な今
10代の頃は死しか考えていなかった・・・けれど、少しずつ成長し、今では随分と考えなくなったというIさん。おなかが鳴った時に死にたいと思えるのは平和の証ですね。
小学生の頃からいじめられ続け、大人になった今も・・・
良いことではありませんが、小学校や中学校といった学校でのいじめはよく聞く話です。しかし、大人になってもいじめをやめられない人はいるようです。