友達に借金を踏み倒された

信頼している友達に借用書なしでお金を貸して踏み倒されて・・・死にたい。

【神奈川県・Hさんの死にたいと思った体験談】
11年前の大学生時代の話ですが、あまり関わりを持っていなかったゼミの同級生から

 

「すぐに100万円を貸してほしい。来週には親の遺産が入るからそれに100万円と5万円の利息をつけて返す」

 

と電話がありました。

 

私には大金だったのですが、その100万円は使うこともないし5万円も後で返ってくるのならと思ってその同級生に貸し出したのです。

 

ちゃんと借用書も書いておけば良かったのですが、借用書の書き方も分からなかったし明日になって書き方を調べておけばいいやと思っていました。

 

100万円を同級生に貸し出して、借用書を書いてほしいんだけどと伝えたのですが借用書を偽造されては困る、安心して金庫に預けることができないのかと言われたのです。

 

そこで手が詰まってしまいどうにもならなくなります。

 

なので、1週間後に返ってくるのであればと思っていたので、結局借用書などの書類で形を残すことができなかったのです。

 

やはり、最悪なことが起きてしまいました。

 

お金を貸し出した同級生が失踪して連絡が取れなくなったのです。

 

1週間経ってもお金は返ってこず、弁護士の先生にも相談したのですがやはり書類を残していなければ取り返せない言われてたのです。

 

その後100万円は諦めざるを得ず、卒業後の楽しみにしていた旅行なども全部辞めて大学卒業までお金を使わず引きこもり、人間不信に陥りしばらくは生きる気力もありませんでした。

 

信頼している相手に裏切られる辛さ

本当に災難な事件でしたね。

 

友達にお金を貸して踏み倒される・・・ということは、お金を失うことだけでなく、信頼していた人に裏切られるというショックがあります。
ダブルでショックですよね。

 

「信頼している人に裏切られる」ということは、想像している以上に辛いものです。

 

かなり信頼している相手でないと、100万円なんて大金、なかなか貸し出すことはできません。

 

それだけ信頼している相手に裏切られたHさん。「ありませんでした」と過去形で語れていることが唯一の救いです。

関連ページ

パニック障害で家族に迷惑をかけて・・・
パニック障害になってしまい、思う通りに生活できず・・・家族の役に立てず生きている価値を感じられなくなって「死にたい」そんな体験談です。
精神を病んで無職に。無職生活の中で生きる意味を見失った
仕事で精神を病み、無職生活でその傷を深め、追い詰められ、生きる意味を見失って「死にたい」そんな体験談です。
両親が事故で障がい者に・・・辛い生活を強いられて。
ある日突然、両親が2人とも障がい者になってしまったらどうしますか?実際にその体験をされた方のお話を伺いしました。
胃が気持ち悪くて死にたいと思った・・・
「死にたい」体験は生活の身近にあります。胃腸の具合が悪くなると、メンタルに影響を及ぼして「死にたい」と思う人も少なくないようです。
アパレル系会社での勤務で死にたい・・・奴隷として心を殺し続けた日々
努力して夢を叶えた!希望の職種に就けた!努力が報われたんだ!・・・そう思った就職先がブラック企業で地獄だった場合、絶望して死にたいと思ってしまうようです。
仏教関係者に晒し者にされ死にたくなった
仏教や宗教は人の心を助けるためのものです。そうした宗教を心に持つ人が人を蔑み晒し者にするなんてことがあっていいのでしょうか?
不倫がばれて別れを告げられ「死にたい」と思った
不倫をしている人、要注意です。不倫がバレてしまった時、捨てられる相手はあなたかもしれません。その時、死にたいと思わずに生きていられますか?
おなかが鳴って死にたいと思える平和な今
10代の頃は死しか考えていなかった・・・けれど、少しずつ成長し、今では随分と考えなくなったというIさん。おなかが鳴った時に死にたいと思えるのは平和の証ですね。
小学生の頃からいじめられ続け、大人になった今も・・・
良いことではありませんが、小学校や中学校といった学校でのいじめはよく聞く話です。しかし、大人になってもいじめをやめられない人はいるようです。